報道ステーションのWBC過去大会に熱くなりました!

こんばんは。今日は、テレビ朝日系の報道ステーションで放送された過去のWBCについてしていたので、その感想についてお伝えしています。

 

 

その放送を見ながらあったあったって懐かしかったですね。その中でも一番印象的だったのは、アメリカと対戦したときの世紀の誤審と言われるタッチアップです。

 

 

あれは、どう見てもアウトではないですよね。VTRで見る限りはっきりとしていました。当時、審判はそんなにアメリカに勝たせたいのかって思っていました。

 

 

アメリカのメジャーリーグ機構が主催の大会ですからある程度は仕方ないかなって思いますけど、あれはちょっとひどすぎましたよね。あれで流れが変わって日本は負けてしまいましたよね。

 

 

他にも、第2回大会のイチローが不振で、決勝で韓国からタイムリーを放ったあの時には結果がわかっているのですがちょっと鳥肌がたつぐらい感動的な気持ちになりました。

 

 

前回大会は準決勝で敗退しましたが、それでも考えればすごいですよね。あれだけの強豪国がいる中で準決勝まで行っていること自体がすごいって思いますよね。しかも、前回大会はメジャーリーガーがいなかったわけですし。

 

 

ただ、盗塁の場面でアウトになったところは今でも印象に相当残っています。現在ソフトバンクの内川が挟まれてアウトになった場面で試合は終了してしまいましたね。

 

反撃の流れがそこでストップしてしまいました。結果的に負けると思っていたプエルトリコ相手に負けたわけです。WBCの怖さはこういうところですよね。10回やったら9回かつような相手でも勝てるとは限らない。

 

 

準決勝、決勝は一発勝負ですから弱い方が勝つときもあるんですよね。投手のめぐりあわせみたいなものも当然ありますし。そんなことを計算しながら戦っていかなければならないので、小久保監督も大変ですよね。

 

特にピッチャーのやりくりが大変です。球数制限もありますので、調子いいピッチャーを途中で交代しなければならない。ここで流れが変わる可能性がありますからね。

 

プロ野球の超一流の選手が高校野球のように必死に戦う。そこに野球の本当の楽しさが詰まっているような気がします。WBCが開幕するのが楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です