WBC日本代表メンバーの発表について!

こんにちは。今日は、WBCの日本代表の最新メンバーの発表についてお伝えしたいと思います。今回の発表は7名でした。期待したメジャーリーガーは1人もいませんでした。

 

日本代表(侍ジャパン)として発表された選手は下記の人たちになります。

 

千賀滉大(ソフトバンク)

石川歩(ロッテ)

藤浪晋太郎(阪神)

松井裕樹(楽天)

岡田俊哉(中日)

平野佳寿(オリックス)

平田良介(中日)

 

この7人になります。ピッチャーが6人で、1名が野手になります。この新しいメンバーを見て感じるのは、平田良介や平野佳寿など、新しく選出されていたのにたいし、これまでにも常連のメンバーが選ばれている印象があります。

 

もちろん、いろんな選手がいる中で日本代表を選ばなければならないというところでとても難しいと思うんですね。ただ、個人的には投手としては菊池雄星を選んでほしかったですね。

 

日本人メジャーリーガーがいなくても、投手にはタレントが揃っています。本格派の大谷翔平がいたり、コントロールが抜群の菅野。変則投手の牧田和久などバランスがとれていますよね。

 

ただ、唯一心配なのは抑えですかね。今回は松井裕樹が選ばれていますけど、田澤純一がほしかったですね。もしくは上原浩治。どちらも辞退したので残念ですけどね。

 

あと、やっぱり思うのは田中将大投手と前田健太投手の二人ですね。参加してほしかったんですけどね、球団の事情なんでしょうね。今回参加の表明はありませんでした。

 

この二人がいるだけで相当の厚みが増すのですが、メジャーリーガーの参加はなかなか難しいですよね。特に投手の方は球団が認めてくれませんね。

 

あと、残り一人が気になりますね。なによりも注目されているのは、わざわざ一人残したというのは、イチローが選ばれるからではないのかということです。メジャーリーガーでないと残り1名って残し方しないのではないでしょうか。

 

そんなことを感じます。下記のページには、それらのことが具体的に書かれていますので、参考にしていただけたらと思います。

WBC/2017最新の日本代表メンバーはコチラ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です